クレジットカードのショッピング枠の現金化は絶対ダメ

クレジットカードのショッピング枠の現金化絶対にしてはいけません!!

のショッピング枠の現金化はダメ 一般社団法人日本クレジット協会の公式HPでも、ショッピング枠の現金化業者は利用しないようにと明確に記載しています。

また、
多くのクレジットカード会社が、会員規約でショッピング枠の現金化を明確に禁じています。

しかし、いまだに街中に堂々と「クレジットカードのショッピング枠を30分で現金化」等の看板を持った人がいます。

また、インターネットを見ていても、正当な業者であるかのように、ショッピング枠の現金化業者のホームページが散見されます。

後程、詳しく説明しますが、ショッピング枠現金化にかかる実質金利は法定金利を上回っています。

国として、何故取り締まらないのか?ナカムラは疑問に思っています。

クレジットカードのショッピング枠現金化の手口

クレジットカードのショッピング枠の現金化業者は、主に以下の手口を利用します。


1,買取方式
クレジットカードのショッピング枠を使って、業者が指定した商品をお店で購入し、購入した商品を業者が買取する方式です。

例えば、100万円分の新幹線チケットをクレジットカードで購入します。

業者は手数料5万円を引いた95万円でチケットを買い取って、95万円の現金がすぐに手に入るといった感じです。


2,キャッシュバック方式
石ころ、空のCDロムなどの価値の無い商品を購入し、購入した商品のキャッシュバックとして現金を渡す方法です。

具体的な例を挙げると、50万円分の石ころをクレジットカードで購入すると、45万円分のキャッシュバックがあるといった特典を付けるといったものです。

クレジットカード購入50万円からキャッシュバック45万円を差し引いた5万円分が現金化業者の手数料です。


現金化の手口 インターネットを見ていると、上記2つの方式を取っている業者は安全であるといった見当違いなことを記載しているページを見かけることがあります。

確かに、クレジットカードのショッピング枠を現金化することを完全に規制する法律はありません。

しかし、このような方法でクレジットカードのショッピング枠を現金化すると、利用規約に違反しているということで、一方的に強制解約される可能性もあります。

古物商の資格があればショッピング枠の現金化はOK?

クレジットカードのショッピング枠現金化業者のホームページでは、古物商の資格を取得していることを謡っていることがあります。

しかし、
古物商の資格=ショッピング枠の現金化OKというわけではありません。

古物商の資格があるから、安心できる業者だろうと思わせる手口であることは言うまでもありません。

キャッシュバック率のカラクリ

よく「キャッシュバック率98%」等の宣伝文句を見かけると思います。

キャッシュバック率のカラクリ 例えば、100万円のクレジットカードショッピング枠を利用して、現金化したとします。

現金化したショッピング枠にキャッシュバック率98%をかけた金額の98万円が手元に入ってくるということです。

「手数料2%なら安いのでは?」と考える人もいるでしょう。

しかし、クレジットカードのショッピング引き落としされるわずか1ヶ月の間に2万円の利息がかかっており、月利2%かかっていることになります。

実質年利に換算をすると、
月利2%×12ヶ月=24%となり、法定金利の上限である18%を超えていることが分かります。

闇金並みの暴利であることが分かります。

何故、利用者が絶えない?

現金化が絶えないのでしょうか? 何故、クレジットカードのショッピング枠の現金化が絶えないのでしょうか?

利用者が絶えない理由は、ショッピング枠現金化業者を法的に規制する仕組みが現在は無いからです。

交番から100メートルも離れていない場所で、ショッピング枠現金化の看板を持っている人を見かけるほどです。

何故、闇金は法的な取り締まりの対象なのに、クレジットカードのショッピング枠現金化業者は対象外なのか理解できません。

国として、取り締まることができる法律が無いから、違法まがいのショッピング枠現金化業者が減らないのでは?と、ナカムラは思っています。

無利息キャッシングはレイク

▼クレジットカードのショッピング枠の現金化は絶対ダメ

【概要】
クレジットカードのショッピング枠の現金化は絶対にしてはいけません!! 一般社団法人日本クレジット協会の公式HPでも、ショッピング枠の現金化業者は利用しないようにと明確に記載しています。 また、 多くのクレジットカード会…

【NewTopics】
「お宅は今まで18%以上のグレーゾーン金利で金を貸していたんだ。すぐに払い過ぎた金利を返せ!!」 ・・・グレーゾーン金利とは?

MENU

カテゴリー

Copyright (C) 2014 即日キャッシング:融資可能な申し込み時間と月々の最低返済額は. All Rights Reserved. [ adminsitemap ]