総量規制とは?

総量規制とは 総量規制とは、一言で説明すると年収3分の1以上の借入を貸金業者からできなくしてしまう法律です。

簡単に一言で説明がつく法律ですが、施行された時は借りる側、貸す側ともに大混乱でした。

既に年収の3分の1以上の借入があった場合は、当初に与えられた利用可能枠が残っていてもすぐに利用できなくなりました。

また、50万円以上の借入残高があった場合は源泉徴収票、給与明細、確定申告などの収入証明を提出することで、借入残高が年収の3分の1以下であることを証明しないと新規の借入が不可になりました。

特に収入の無い専業主婦は収入証明書なんか提出できるはずがありません。

困っている専業主婦を沢山見た 新規のキャッシングができなくなり困っている専業主婦をナカムラは沢山見てきました。

当時、総量規制により借入ができなくなったお客からのクレームが大量にありました。

正規の貸金業者から借入ができなくなった多くの人が、闇金やクレジットカード枠を現金化する業者に手を出すようになり、問題にもなりました。

悪質業者を喜ばせる為の改正とも言われました。

また、総量規制により消費者金融、クレジットカード会社の収益も急激に悪化しました。

ナカムラが勤務していたクレジットカード会社でも総量規制が施行されてから急激に業績が悪化しました。

全国にあった営業所が閉鎖され、転勤ができない社員は会社都合の退職となり100名以上の人が職を失いました。

倒産した貸金業者も沢山ありました。武富士、三和ファイナンスなど多くの社員がいる会社が倒産し、失業した人も沢山いたでしょう。

一体、この法律ができて誰が幸せになったのでしょうか。

何故、総量規制は必要なのか?

多重債務防止の為 どうやら総量規制を施行した目的は多重債務防止の為らしいです。

しかし、実際は闇金、クレジットカードのショッピング枠現金化などの違法業者の利用増加に繋がっているようにしか思えません。

お金が無いから借りていた訳ですから、当たり前でしょうね。

国は借入している人の立場を考えて施行するべきだったのでは?とナカムラは思っています。

例えば、自治体が取り扱っている福祉的な貸付種類を増やす、総量規制により新たな借入ができなくなり、返済のみになってしまった人に対して利息補助を行ったりなどできることは沢山あると思います。

今のままでは、多重債務を防止するどころか悪質業者からの債務を増やす原因になるのではないかとナカムラは思っています。

銀行ローンは総量規制対象外だが

多重債務防止の為 銀行ローンは総量規制の対象外です。

しかし、既に年収の3分の1以上の借入がある人が厳しい銀行ローンの審査に通るのか?という疑問をナカムラは持っています。

ナカムラはクレジットカード、銀行代理店に勤務していた時は審査部門にいたわけではないので審査の詳しい内容を見てはいません。

しかし、銀行代理店勤務時代にカードローン受付をしていましたが、既に年収の3分の1以上借入している人で審査を通過している人を見たことがありません。

勿論、ナカムラが受付した範囲でのお客様なので、年収の3分1以上の借入残高がある人は絶対に銀行ローン審査は通らないと断定するつもりはありません。

しかし、銀行ローンの金利は貸金業者よりも低くなっています。審査は消費者金融、クレジットカード会社よりも厳しいと考えるのが妥当なところでしょう。

収入合算して総量規制を回避する

全く手段が無いというわけではありません ネガティブな話ばかりになってしまいましたが、既に年収の3分の1以上借入している人が全く手段が無いというわけではありません。

もし、配偶者がいて安定した収入を得ているのであれば収入合算して総量規制を回避するという方法があります。

収入合算とは、同意を得ている配偶者の収入証明を貸金業者に提出することで借入可能な限度枠を増やすことです。

例えば、年収300万円の人が消費者金融、クレジットカード会社などの貸金業者から借入をする場合は100万円が限度枠となります。

しかし、年収300万円の配偶者がいた場合は配偶者の収入証明書を提出することで、自分の年収300万、配偶者の年収300万で年収600万円となり、200万円までの借入が可能となります。

配偶者に収入があり同意を得られる人は収入合算して総量規制を回避する方法をオススメします。

▼総量規制とは? 夫婦(配偶者)の収入合算してキャッシング限度枠を...

【概要】
総量規制とは、一言で説明すると年収3分の1以上の借入を貸金業者からできなくしてしまう法律です。 簡単に一言で説明がつく法律ですが、施行された時は借りる側、貸す側ともに大混乱でした。 既に年収の3分の1以上の借入があった…

【NewTopics】
2010年6月の貸金業法改正により収入のない専業主婦に対して貸金業者は貸付ができなくなりました。 ・・・配偶者貸付制度とは?

Copyright (C) 2014 即日キャッシング:融資可能な申し込み時間と月々の最低返済額は. All Rights Reserved. [ adminsitemap ]