銀行カードローン ※30日後の利息は...

金利4.0%~14.5%、契約極度額最高800万、最短30分審査
といった広告をホームページに大きく掲載するなど、最近、銀行はカードローンに力を入れているようです。

一見お得 特に住信SBIネット銀行、楽天銀行などのインターネット取引を主体としている銀行では、大手銀行よりも低金利であり、一見お得のように見えます。

ナカムラが以前勤務していたAクレジットカード会社は銀行代理業も行っていました。

Aクレジットカード会社も、銀行カードローンの獲得にすごく力を入れておりました。

「カードローンについては、月間で1人10件以上獲得するように!」とのことを月初に厳しく言われていました。

個人ノルマを課すほど、カードローンを獲得したかったんでしょうね。

これは、おそらく大手消費者金融よりもいち早く、優良な顧客を獲得したかったからでしょう。

特に金利については、大手消費者金融が金利15%~18%にしているところを13%~10%以下にすることで、低金利であることをアピールしていました。

しかし、最近になって大手消費者金融会社も、初回限定の無利息キャンペーンなどを行うことで、銀行カードローンに対抗しようとしているようです。

短期で返済する場合は、消費者金融がお得です

「最近、カードローンの契約が取れないんですよ・・」

愚痴っていました ナカムラが勤務していたAクレジットカード勤務の後輩が、電話で愚痴っていました。

実は、このAクレジットカードが銀行代理業で発行しているカードローンは、当初ものすごい勢いで申し込み者数が増えていきました。

銀行員の熱心な勧めもありましたが、やはり消費者金融、クレジットカード会社と比べると、低金利であることが、入会の決め手となっていました。

しかし、
最近、大手消費者金融も、初回限定で無利息期間キャンペーンを行うようになりました。

無利息期間が付与されると、いくら金利が高くても、早期で完済してまえば、利息負担が少ないですからね。

特に毎月一定の給料を貰えるサラリーマンであれば、消費者金融がよくだしている無利息期間30日の間に全額返済することも可能です。

「消費者金融、クレジットカード会社よりも金利が低くてお得ですよ!!」とは言えなくなりましたね。

例えば、冠婚葬祭が重なり、一時的に出費が多くなってしまった。来月の給料が入ったらすぐに返済することができる・・。

プロミス というのであれば、アコム、プロミスなど消費者金融がおこなっている無利息期間キャンペーンを利用するべきです。

いくら金利が高くても、無利息期間中に完済してしまえば、利息負担なしで借りたことになりますからね。

ちなみに近くに三井住友銀行のATMがあれば、借り入れ、返済時のATM手数料がいつでも無料となるプロミスをお勧めします。

いつでもATM手数料が無料であれば、お得ですよね。無利息期間でなくても、1万円を利率18.0%で借り入れして、30日後の返済した場合、147円の利息ですみます。

銀行の時間外手数料が216円ですので、これよりもお得であることがわかります。

スピード重視であれば、即日発行クレジットカードがお勧め。

「とにかく1分1秒でも早く借りたい!!」
というのであれば、ショッピングモール、デパートなどで発行している即日発行のクレジットカードをお勧めします。

ナカムラがAクレジットカード会社に勤務していた時は、早い時は10分位で審査結果が出ていました。

10分位で審査結果が出ていました 特に平日の午前中については、申し込みも少ないので、早く結果が出ていたようです。

審査が通過したら、その場でクレジットカードを渡されますので、すぐにATMからお金を借りることができます。

但し、キャッシング機能を付与していないクレジットカードもありますので、申し込みをする前にショッピングモール、デパートに問い合わせるといいでしょう。

後、ナカムラが勤務していたAクレジットカード会社は、外国人の即日クレジットカードの申し込みは、審査が通りませんでした。

どうやら日本語で書かれている会員規約を理解しているか不明である為とのことです。

ナカムラは、即日発行クレジットカードの審査が否決になったイギリス人に、流暢な日本語で1時間位怒鳴られたことがあります。

これだけ、日本語を知っているのであれば、多少難しいことが書いてある会員規約だって理解できるだろうに・・。と思いました。

▼銀行カードローンvs消費者金融キャッシング ※30日後の利息は147円...

【概要】
金利4.0%~14.5%、契約極度額最高800万、最短30分審査 といった広告をホームページに大きく掲載するなど、最近、銀行はカードローンに力を入れているようです。 特に住信SBIネット銀行、楽天銀行などのインターネッ…

【NewTopics】
2010年6月の貸金業法改正により収入のない専業主婦に対して貸金業者は貸付ができなくなりました。 ・・・配偶者貸付制度とは?

Copyright (C) 2014 即日キャッシング:融資可能な申し込み時間と月々の最低返済額は. All Rights Reserved. [ adminsitemap ]